チラシや手提げかばんはデザインで決まる【戦力アップ宣伝】

広告制作をしていろいろな人に注目されよう

TOPICS

デザインを決める

私達は普段の生活で宣伝用の看板を見かけることも多いです。看板には様々な情報が掲載されているので、それを見て気になる店を見つけることができます。看板デザインを作成することでお客様へアピールしたいことを伝えることができます。

詳細を見る

便利な布製バッグ

不織布バッグとは安価な価格で手に入ります。豊富なカラーと種類がありますので、用途に合わせて利用する事が可能です。ただ持ち運びに使うだけではなく、物を保管する際にも力を発揮します。

詳細を見る

チラシ作成

宣伝効果を高めるなら埼玉でチラシ配布を行なうと良いでしょう。印刷から配布まで行なってくれるサービスが人気ですよ!

チラシデザインの進行について

チラシのデザインをするときのポイントや進め方。はじめにチラシのサイズを決めます。紙にチラシに入れる内容を手描きで大まかに書き込んで配置構成を決めていきます。写真スペースやタイトル文字なども大まかに入れてください。タイトルやセールスコピーなど決まってなくてもダミーとして何か手描きします。入れたい項目の全てを書き入れたらラフ案の完成です。そのラフ案を基にDTPデータを作成して行きます。断裁用のトンボを最初に入れる方もおりますが、後でも構いません。写真がある場合は枠を入れましょう。写真枠と文字を入れて行き全体を調整します。未原稿がある場合はデミー文字で良いです。全て文字入れ出来たら写真枠に収まるよう写真のトリミングを行ない完成です。

さまざまなデータ作成方法

チラシのデザインを進めるポイントとして、DTP作業の前に手描きラフを書いていくと作りやすいということを先に述べました。これはグラフィックデザイナーも行なってる基本です。自作出来るスキルと環境が整ってる方の場合です。DTPデータが作れない方はどう進めるかと申しますと外部発注しかありません。グラフィックデザイナーやデザイン制作会社、印刷会社へ発注します。チラシデザイン発注の際にラフ案を作っておき、打ち合わせの際にラフを見ながら説明すると趣旨が伝わりやすいです。それを基にデザインして仕上ったらプリントした物や電子メールでPDFなどを送ってもらい確認します。修正・追加あれば伝え、再提出、確認し完成させていきます。

宣伝をする

店舗の宣伝をするためにはチラシの他にも看板製作が挙げられます。看板製作の際には電気の仕掛けをしてその一角だけを目立たせることもできます。現在は様々な種類の看板を製作することができます。

詳細を見る

オススメリンク

  • DM本舗

    圧着ハガキを扱っているお店はこちらです。格安なのでコスト削減を図りたいという場合に相談をしてみませんか。
  • タクトシステム株式会社

    センスのある会社で依頼しましょう。総合カタログの申し込みをしたいと考えているなら早めに頼んでみるといいです。
  • JMER

    高い総合力で対応してくれます。マーケティングリサーチを有効活用しましょう。調査を検討しているならこちらで情報をチェック。

↑ PAGE TOP